サッカーをはじめよう!

Soccer News

世界に羽ばたけ!サッカーという競技の果てしない夢と魅力

1993年に日本でプロリーグが開幕して以来、国内におけるサッカー熱は高まる一方です。
少し大きめのボールがあれば時や場所を選ばず気軽に遊べるスポーツであり、競技の規模はヨーロッパを中心にアメリカ、アジア、アフリカと、まさに世界的に広がっています。
それゆえに、優れた技術を磨けば幼少時代からでも世界に羽ばたける無限大の可能性があるのです。
実際、本場であるヨーロッパでは小学生、中学生の選手が一流クラブの下部組織で活躍している実例もあり、日本人選手も留学という形でヨーロッパで武者修行をしている例が多数あります。
幼少時代からヨーロッパの厳しい環境でサッカーを学び、その経験をやがて日本代表として召集された時に生かす日がやってくるのも時間の問題と言われています。
日本代表に限らず、アジア各国代表は現状、ヨーロッパや南アメリカの国々に比べチームレベルが低く、4年に1回の世界大会であるワールドカップでもその高い壁に阻まれているという現実があります。
しかし前述したように、これからの世代が本場のサッカーのノウハウを学ぶことによってその格差も徐々になくなってくるのではないかと期待されています。
世界で活躍し、途方もない契約金をその手につかみとるという個人の夢は、代表としてワールドカップで好成績をおさめてくれるのではないか、という我々国民にとっての夢にもつながるのです。

サッカーを少ない人数で楽しむ方法

サッカーと言えば、世界的に有名で人気もあるスポーツですが、プレイしたいと思った時に手軽にできないのが難点です。
学校の体育の授業で行うと言う人もいるでしょうが、そうでない人は人数集めに苦労することもあるでしょう。
そこで覚えておきたいのが、雰囲気だけでもサッカーに近付けてプレイすると言う考えです。
例えば、よく似た競技にフットサルがあります。
これであれば、競技人数は1チーム5人以下と決まっていますから、結構少ない人数でもプレイができます。
しかし、2人や3人と言った少人数しか集められない人もいるでしょう。
そういった人たちの場合には、PKが向いています。
これであれば、2人いればプレイできますから、かなりお手軽です。
ゴールも必ずしもサッカー専用のゴールではなく、何かゴール代わりになるような壁があればできます。
そして、さらに人数が減って、たった一人になった時にも楽しめることはあります。
それがリフティングです。
リフティングと言うのは、単にももや足先でボールをコントロールするだけでのものではなく、かなりアクロバットな動きも入れつつ行うこともある奥深いジャンルです。
フリースタイルフットボールと言う呼称もあり、極めるとかなり見栄えする素晴らしい技術として世界的に通用するものです。

Favorite

iphone修理 立川

探偵 姫路

大宮で歯科矯正

2018/4/20 更新

COPYRIGHT(C) 2015 Soccer News. ALL RIGHT RESERVED